配合されている成分

外も室内も乾燥している冬は、誰でも肌が乾燥しやすい季節です。
高保湿な基礎化粧品で丁寧にスキンケアを行なうのが、乾燥対策への第一歩となります。
しかし、乾燥するからといって、スキンケアアイテムをあれやこれやと追加するのは、逆に肌にとっては負担になってしまいます。
アイテム数を追加するよりも、使い慣れて肌に合っている保湿化粧品をじっくりとなじませながら丁寧に付ける方が肌が潤いますし、肌への負担も軽くなります。
スキンケアのポイントとしては、化粧品を手のひらで温めてから付けるということです。
冬は顔の表面温度が下がっていて血行も悪くなっているので、そのままでは浸透力が悪くなってしまいます。
温めて付けることにより有効成分の浸透力も高まるので、手間を惜しまずに温めてから付けるようにしましょう。

冬の乾燥を侮ってはいけません。
日本の冬の湿度は砂漠よりも低いと言われていて、室内でもエアコンが効いていて、どこもかしこも乾燥しています。
そのため、仕事中などの昼間の乾燥も気になってきます。
手軽に水分を与えら得るミスト化粧水は、保湿成分がしっかりと含まれていないと、逆に過乾燥になってしまって、肌が乾燥しやすくなります。
メイクの上からでも保湿できるのが乳液です。
乳液を乾燥が気になる部分に塗って、余分な油分などはティッシュで軽く吸い取ります。
メイクが崩れていなければこのままでも大丈夫ですが、崩れている時にはその上から軽くフェイスパウダーなどを付けてあげると良いでしょう。
水分の多いミスト化粧水は乾燥しやすいですが、美容成分の多いミスト美容液なら乾燥しにくいので、上手く活用するのが良いでしょう。